和歌山県紀の川市レンタカー・事故や故障時のSOSレッカー急行サービスなら実績の農協自動車へ

紀の川市 レンタカー・レッカーサービスの農協自動車

 0736-75-4685

営業時間 9:00~18:00(年末年始以外営業)
SOSレッカー急行サービス365日24時間対応

介護サービス

『あれ?臭いがしない』は認知症の初期症状かも!? においと認知症の関係 【紀の川市・さわやか福祉会】

投稿日:

認知症と臭覚

五感には視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚がありますが、とりわけ臭覚は、五感の中で唯一脳の中枢部に直接伝わります。
他の五感と違って記憶や感情を管理する海馬と直接つながっているため、行動や感情に影響を及ぼします。

皆さんも通りすがりに嗅いだ香水の匂いが昔の恋人と同じで、ハッとして振り返ったなんてことはありませんか?

記憶をつかさどる海馬が委縮することにより起こるのが、認知症の症状である記憶障害です。

日本人の認知症でもっとも多いアルツハイマー型認知症は、まず海馬の外側にある臭内皮質がおかされることがわかっていますが、認知症と臭覚の関係は深く臭覚障害は認知症になる10~20年前から徐々に衰えていき、臭覚の低下が認知症の早期発見のきっかけになると言われている研究結果もあるようです。

嗅覚の衰えはアルツハイマー型認知症の兆候

アルツハイマー型の初期症状では

  • 同じことを何回も話す
  • 物の置き忘れが増える
  • 日時や場所を間違える
  • 怒りっぽく、疑い深くなった
  • 単純な計算ができなくなる
  • 同じ洋服ばかり着る
  • 長年の趣味をやめた
  • 買い物でお札ばかり出して、小銭がたまる
  • 料理の味付けが変わる

上記のような症状は本人では自覚しにくく家族にしかわかりません。

しかし、本人が自覚できる認知症の初期症状は『嗅覚の衰え』に気付く事です。

最近の研究では認知症の前兆は嗅覚の衰えが関係している事がわかっています。しかも認知症発症時期の10~20年前から嗅覚が衰えてくると言われ、早い人では40代から衰えてくると言われています。

嗅神経の刺激で認知症予防に

鳥取大学医学部で認知症の専門医として認知症の研究に取り組み、日本認知症予防学会理事長を務める浦上克哉教授によると、においの情報は嗅神経を通じて大脳辺縁系に伝達される。記憶を司る海馬(かいば)も大脳辺縁系の領域の一つで、嗅神経と直結する関係にあるという。

これまで神経細胞は再生しないと言われていたが、近年の研究から嗅神経と海馬には再生能力があることが分かり、特に再生能力が高い嗅神経を効果的に刺激することで、嗅神経細胞が再生し、その刺激は海馬にも伝わり、海馬や周囲の神経細胞の働きが活性化されるということだ。

浦上教授は、アルツハイマー型認知症(AD)の患者が腐った臭いを気にしないことに気づいたことをきっかけに、認知症と嗅覚(きゅうかく)機能の関係に注目し、この分野での研究を進めてこれらの事実を掴んだ。

出展:認知症ねっと

鳥取大学医学部教授の浦上克哉氏は、20年にも及ぶ認知症患者の治療と研究から、アロマオイルなどを用いた嗅覚からのアプローチが認知症の予防や症状改善に効果があることを発見し浦上教授の研究をもとに立ち上げられた鳥取大学発のベンチャー企業(株)ハイパーブレインが認知症とアロマセラピーについての研究や認知症早期発見診断マーカー等の開発を進め、研究を元に開発された高品質なオーガニックアロマオイル リ・ブレイン等の商品の販売を手がけています。

まとめ

 

高齢者の方で『部屋の臭いが気にならなくなった』『腐った臭いがわからない』以前はくさいと思っていた物を臭くないと自分で感じたら要注意です!

嗅覚に異変を感じたら認知機能低下も疑った方がよいかもしれません。

 

 

-介護サービス

Copyright© 紀の川市 レンタカー・レッカーサービスの農協自動車 , 2018 AllRights Reserved.