和歌山県紀の川市レンタカー・事故や故障時のSOSレッカー急行サービスなら実績の農協自動車へ

紀の川市 レンタカー・レッカーサービスの農協自動車

 0736-75-4685

営業時間 9:00~18:00(年末年始以外営業)
SOSレッカー急行サービス365日24時間対応

自動車販売事業部

各社安全システム(安全装備) スズキ編 「デュアルカメラブレーキサポート」

投稿日:

同じようなシステムではスバルのアイサイトが有名ですが、スズキは、以前からあったレーダーブレーキサポートに加えて、軽自動車で初めて「人にも車にも反応する」衝突被害軽減ブレーキ デュアルカメラブレーキサポート をスペーシアに搭載して話題になりました。最近では軽自動車でも各社こぞって安全装置を装備していってますが、まずはスズキの安全装置からご紹介したいと思います。

スズキ「デュアルカメラブレーキサポート」2つのカメラを搭載した衝突被害軽減システム

人の目と同じように左右2つのカメラが対象との距離や形を捉え、そのサイズや輪郭から歩行者やクルマを認識します。また、車線の左右の白線(区画線)も認識するなど、カメラで捉えたさまざまな情報をもとに警報や自動ブレーキで衝突回避をサポートする、先進の安全技術です。

前方衝突警報機能

約5km/h~約100km/hで走行中、ステレオカメラが前方の車両や歩行者を検知。衝突の可能性があると判断すると、ブザー音とメーター内の表示によって警報を発します。

前方衝突警報ブレーキ機能

さらに衝突の可能性が高まると、警報い加えて自動的に弱いブレーキを作動させ、ドライバーに衝突回避を促します。

前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能

前方衝突警報ブレーキ機能が作動している時にドライバーがブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動し、ブレーキ制動力を高めます。

自動ブレーキ機能

システムが「このままでは衝突が避けられない」と判断した場合には、自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突被害の軽減を図ります。

まとめ

スズキ自動車のサイトで確認すると上記の様な注意事項があります。デュアルカメラブレーキサポート は、あくまでもサポートシステムです。以前、知り合いからブレーキサポートが作動し、シートベルトをせず後部座席に乗っていた子供が前方座席まで飛んできたと聞いた事があります。普段からドライバーはシートベルトを着用し状況に応じて最善の注意が必要です。

参考:スズキ自動車

-自動車販売事業部
-, ,

Copyright© 紀の川市 レンタカー・レッカーサービスの農協自動車 , 2018 AllRights Reserved.